再婚で式を挙げる場合に御祝儀はどうするか

結婚

再婚で式を挙げる場合に御祝儀はどうするか

再婚をするときに式を挙げる場合には御祝儀は悩みの種です。
再婚だからといただくことも躊躇しますし、招待されている側も二度目の御祝儀という人もいるため御祝儀の金額に迷てしまう人もいます。
再婚で御祝儀をいただくことを迷っている場合には、招待状に御祝儀は結構ですとはっきりと記載します。
招待する側も招待される側も迷いや悩みのない式をすることができます。
お断りしても再婚祝いのギフトを贈ってくれる人もいます。
ただし、不要と招待状に記載した場合には式の費用は全額自分たちでの負担となるため費用の準備が必要です。
御祝儀を辞退しても持ってくる人がいますが、その場合にはありがたくいただき、後日別にお礼をします。
御祝儀を断ると、招待される側が戸惑ってしまう場合があります。
会費制の式にすることおすすめです。
会費制となるため、金額を提示しているため招待される側への気を使わせることもありません。
会費制は会場によって器楽は異なりますが、レストランウェディングの場合には費用を抑えることができますが、ホテルの場合には高額となってしまい、会費が御祝儀と変わらなくなってしまう場合もあります。